2015-05-26
臼杵城・案内図


QPON・高画質・ストリーショー

Usuki-Castle
 
72


小倉城へ







個々の写真をクリックすると
静止画像に成ります
尚・写真の右下のstartをクリックで再び自動に成ります


 { 九州の城に再挑戦 !! }

昨年の春に九州の「お城の七ヶ所」をめぐる計画で行きましたが、体調を崩して
五ケ所目の臼杵城と、小倉城・福岡城を目前にし乍ら、断念、帰京しました、


私は十数年前に
肺気腫を発病して(アスベスト)
年毎に酸素を吸収する「肺胞」の
腫瘍が広がって行き、今では正常の三分の一の肺活量に迄で進行してきて
無理すると「酸素補助が必要な状態」に成ると医師から宣告されて居るのですが
春と秋の気候の良い時だけは、天気予報と体調とを見合わせて、出掛けます

 勿論、「お城めぐり」 は 山坂の道有り・石段・階段有りは!覚悟の上です、
カメラ用の
一脚を杖代わりにして・五分登っては数分休み(血液中の酸素量)を
測定器で見乍らの登城が常でしたが、今回は「山城」と言う程ではないのですが
私には最後の厳しい 山城へ酸欠と体力の挑戦なのです、周囲の反対もありました
勿論、お医者様には内緒です、何故に其処まで九州の三城に こだわったのか?

其れは「空の旅」での「お城めぐり」は、此の春で限界なのを自覚しているからです
 酸素機器は機内の持込み禁止です、「残した城への最後の空の旅」と言う訳けです
お陰様で九州の「お城めぐり」の臼杵城は登城出来ました、次は小倉城と福岡城へ
進みましたが、「
一日一城 」が、ヤットのスローベースですが、頑張りました *
未熟な写真ですが 順次 編集してUPしますので、宜しくお願い致します 




キリシタン大名として知られる大友宗麟の治世の末期、薩摩国の島津氏の侵攻により
大友氏は存亡の危機に立たされたが(豊薩合戦)、丹生島城(臼杵城の前身)に籠城 した
宗麟の奮戦などによりこれを凌ぎきり、豊臣秀吉の九州征伐により島津氏が討伐 された

此の城の特徴は海に突き出た丹生島の上に城郭を構えて天守台・櫓台以外は石垣の少ない城です


{ 詳細・説明欄は下段に有ります・ココをクリックして下さい } 


Map