OkinawaShuri & Zakimi-Castle
(27)
 松山城



途中からでも写真の右隅をクリックするとstartが出来ます。
尚・個々の写真をクリックすると
静止画像に成ります

首里城{通称・ウグシク} しゅりじょう、スイグスク)は、沖縄県那覇市首里にあり、かつて海外貿易の拠点であった
那覇港
を見下ろす丘陵地にあったで。琉球王朝の王城で、沖縄県内最大規模の城グスクであった
戦前は正殿などが国宝であったが1945年(昭和20年)の沖縄戦と戦後の琉球大学建設により完全に破壊され
わずかに城壁や建物の基礎などの一部が残っている
1980年代前半の琉球大学の西原町への移転にともない、本格的な復元は1980年代末から行われ
1992年(平成4年)に、正殿などが旧来の遺構を埋め戻す形で復元された1993年(平成5年)に放送された
NHK大河ドラマ琉球の風の舞台になった1999年(平成11年)には都市景観100選を受賞。
その後2000年(平成12年)12月、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されたが?
登録は「首里城跡(しゅりじょうあと)」であり、復元された建物や城壁は世界遺産ではない
座喜味城跡 沖縄の世界遺産には今帰仁城跡、勝連城跡、中城跡、首里城跡と城跡関係がいくつかありますが、
その中では規模が比較的コンパクトにまとまっているのが この座喜味城跡です。
 正面から入ると、まず茅葺の高倉が目に付きます。昭和51年に沖永良部島から移築したと言うことですが、
平成19年に台風被害にあって一部新たに補修したそうです。


  そこから少し階段があり、その先は神社仏閣の参道を思わせるまっすぐな琉球松の並木道をが城跡まで。 
とても 静かで、沖縄的には珍しい雰囲気の場所かもしれません。

 



 

2011-02-18


システム提供・QPON