(2)
吉野ヶ里へ
 



松本城は
戦国時代の永世年代に始めて造られた「深志城」が始まりで後に武田信玄が一時期・支配し たが
その後。天正10年(1582)に小笠原貞慶が本能寺の変による動乱の虚に乗じて「深志城」を回復して

名を「松本城」と改めました。秀吉が徳川家康を関東に移封とき。小笠原氏は下総に移ると、秀吉は
石川数正を「松本城」に封じた数正・ 康長親子は城下町の経営に力を尽くし康長の代には天守閣。
乾子天守。渡櫓をはじめ、御殿・太鼓門・黒門・櫓・塀などを造って「松本城」の基礎を築き上げた・ 








システム提供・QPON