QPON・高画質・ストーリーショー

中仙道の江戸の入口の川に架かっていた橋が板の橋?・その宿場が「板橋仲宿」と言い・3階建ての遊郭が並び・
常設の芝居小屋などもあって賑わっていた宿場町でした・
加賀藩は此処に江戸の下屋敷を構えたものですから・
町の活気があったのも うなずけますね・下屋敷内に流れる川の長さが約3キロ「屋敷の広さが分かります」・
屋敷の敷地内に架かる橋の名前は故郷を偲んでか?「御成橋」「
加賀橋」「金沢橋などの名が残ってます
明治に入ってから。此処は軍の兵器廠として使われた。戦後は民間に開放されて「板橋区加賀町」に成リました


どうぞ最後まで。ストーリーショーでお楽しみ下さい。・
 各々の画像をクリックしても大画面が見られます }




システム提供・QPON